痒みも消えました

ヨーグルトは便秘によく効くといわれますが、私が体験してみると、かなり大量にたべないと、効果がないような気がします。

毎日1パック位食べて、お通じがようやくあるぐらいです。

ヨーグルト好きはいいですが、抵抗がある人も、ジャムなどを入れて、可能な限り食べるようにするとよいでしょう。

私は先天性のアトピー性皮膚炎を患っており、子供の頃は、親からの虐待を心配される程、痛々しい姿でした。

いろいろな治療法を施してみても、効果が全くなかったのに、住居を変えたところ、急に肌がキレイになり、痒みも消えました。

スパッと環境を変えてみるのも、アトピーの治療に一役買うかもしれません。

娘がアトピーだと発覚したのは、まだ2歳の頃でした。

足にには肌にかゆみを感じていたようだったので、診断を受けた皮膚科の医者からはステロイドを処方されました。

ステロイドを2年あまり治療に使い続けて、気をつけながら子供の様子に注意していたのですが、かゆみや皮膚の赤みが収まってはまた発生してと繰り返し、一向に回復した、という状態までいきませんでした。

そのため、保湿剤から漢方薬に治療法を変え、食事の見直しも行ったら、小学生になる頃にはすっかり症状は収まりました。

通常、アトピー性皮膚炎にかかっている人の角質層はセラミドという成分がなにもない状態の皮膚よりも減少していて、お肌のみずみずしさやバリア機能が低くくなっています。

これを補い正常に戻すには、保湿がかなり大事です。

そのために、お肌の表面を保護して、保湿剤を使用が必要なのです。

この間、インフルエンザに罹患してしまって内科を受診しました。

どのくらいの潜伏期間なのか明確ではないのですが、インフルエンザの人とどこかで一緒になって感染してしまったのかなと思っています。

3日間にわたって高熱が続いて大変苦しい思いをしました。

高熱が出続けるインフルエンザは、通常の風邪より辛いですね。

インフルエンザの予防としていいといわれているものに乳酸菌があります。

およそ1年前に、小学生に乳酸菌がたくさん入っているヨーグルトを食べさせたところ、インフルエンザになる児童の数が大きく減ったというコンテンツを見ました。

私の子供が受験生でしたので、それからというもの、ずっとヨーグルトを食べさせています。

乳酸菌が生きて腸まで届くタイプのヨーグルトが断然いいそうです。

内臓の調子をしっかり整えておくと肌がキレイになると知って、ヨーグルトを懸命に食べていましたが、実のところは、ヨーグルトと同様に納豆や味噌なども乳酸菌をたっぷりと含む食べ物なんだそうです。

「乳」とつくことから、てっきり乳酸菌は乳製品からしか摂れないのだと思っていました。

これではちょっと恥ずかしかったです。

腸や体の健康のために乳酸菌が役立つのはみんな知っています。

ですが、乳酸菌は胃酸にやられてしまうので、せっかく食べても胃で死滅して効果が出ないのではという予想の人もいます。

でも実際は乳酸菌が生きて腸に達するかが重要ではなく摂取するだけで腸内の免疫機能を充実させて、従って身体全体の健康になってくれるのです。

乳酸菌をたくさん摂りすぎても別に副作用といったものはありません。

ただそうではありますが、身体に良いにしてもヨーグルト等で多く摂取し過ぎてしまうと、カロリー過多になる可能性があるのです。

実際、吸収できる量には限りがございますので、ある程度の範囲内に限っておくと安心でしょう。

ご存知かもしれませんが、乳酸菌とビフィズス菌は乳酸を作り出すというところでは共通していますが、ビフィズス菌にはそれ以外にも、酢酸などの成分も、作り出す働きがあるのだそうです。

だから、ノロウィルス対策に有効だとされているのですね。

このごろは、様々な感染症についての聞く機会も増えたので、、意識しながら摂るといいかもしれません。

元々、便秘に悩んでいたのですが、最近は少しずつ改善されてきています。

改善するために行った方法は、毎日ヨーグルトを食べるという方法でした。

友人がこの方法で、便秘を解消したという話を聞いて、私もヨーグルトを買いに行って毎日実行したのです。

ヨーグルトを毎日食べているうちに、お通じが改善されてきて、便秘をすることがなくなりました。

息子がインフルエンザにならないための接種につれて行きました。

私は注射の瞬間は怖くて目をそらすのに、娘はまだ6歳だが、注射をしっと見て注射をしています。

予防接種の後は怖い!と伝えていました。

見ているからさらに怖いんじゃないかな?と想定しましたが、何も口できませんでした。

おならの臭気に悩んでいる方は乳酸菌を積極的にとってください。

屁による臭いの元は悪玉菌にあるとのことです。

ということで、腸内の中の善玉菌を増やし、悪玉菌が増えるのを防ぐ効果があるといわれている乳酸菌を積極的に、継続して摂ることで臭気をだいぶ抑えることが出来ます。

乳酸菌を体内にに入れると様々な効果があります。

例えば、腸内にいる善玉菌を増やして悪玉菌を減らし、腸内の環境を良くします。

その結果に、免疫力がアップして、多くの健康効果を実感することが出来ます。

アトピーに良い効果があったり、インフルエンザなどの感染症予防に対する効果もあります。

乳酸菌は身体の健康をより良くする働きかけが高いとされているのです。

アトピー性皮膚炎の治療に活用される薬は、年々高い効き目を得られるようになっています。

もちろん、必ず医師の指示の下で適切に用いるということが肝要です。

仮に、異なる治療方法や医薬品を試したい場合には、医師や看護師の指示を受けるか、担当の医師以外の医師に意見を求めるといいでしょう。

独りよがりの判断はよいことではありません。

元々、アトピーに有効な化粧水を毎日使っています。

知り合いから紹介された化粧水は、私の大変ひどかったアトピーを想像以上にきれいに治癒してくれたのです。

朝晩鏡を見るのが、楽しみで仕方なくなりました。

手が触れる度に素肌がサラサラになったことを実感しています。

先天性のアトピー性皮膚炎を抱えており、子供の頃は、親からの虐待を心配される程、かなりひどい見た目でした。

様々な治療法をやっても、効果が出なかったばかりか、別の場所に引っ越したところ、直ちに肌がきれいになり、あれほど酷かった痒みもおさまりました。

スパッと環境を変えてみるのも、アトピーに効果的かもしれません。

以前から腸内環境をきちんと整えると美肌効果があると聞いて、せっせとヨーグルトを食べていたのですが、実は、ヨーグルトと同じくらいに「乳」とついているから、てっきり乳酸菌は乳製品からとるんだと勘違いしていました。

何となくちょっと恥ずかしかったです。

普段の運動量が足りないと筋肉が衰えるだけでなく、体調にも影響を及ぼします。

中でも女性に頻繁に症状として見られるのは便が腸にたまってしまうことです。

これを解消を試みようと、通勤時にエスカレーターの代わりに階段を使ったり、食物繊維をたっぷり含んだ食品を増やしたりするのが最適です。

後、可能なら、便秘にならないようにするため、、週に1、2回は歩いたり、なにか動をして体を動かした方がいいと思います。

乳酸菌をどう選べばよいかというと、まずは、気になった乳酸菌を含んだ商品を試してみることが良いでしょう。

近頃は、乳製品の味をしていない乳酸菌飲料もありますし、サプリというものも出回っています。

腸まで届く仕様の乳酸菌飲料を試したとき、あくる日は、便所から出られなくなったので、休日の前になったら試すといいかもしれません。

jsam-tohoku.org

痒みも消えました